お問い合わせ

ホーム

COBOLコンソーシアムは,COBOL言語を広く普及させ,COBOLユーザの利益を守るために設立された非営利団体です。

COBOL Consortium ロゴ

セミナー資料の検索

過去のセミナー資料の検索はこちらから

「COBOL」は、1960年に事務処理言語として誕生し、2020年に還暦を迎えました。
約60年が経過した今もなお、COBOLで記述されたプログラムは多くの業務システムで稼働している現役の開発言語です。この度、COBOL生誕60周年を記念し、COBOLを使ったアプリやシステムを開発する 『COBOLハッカソン 2020』 を開催しました。

開催内容については下記をご覧ください。

Day1:クラウド連携を試す!AWS×COBOLハンズオンセミナー(イベント終了)
Day2:IT温故知新!COBOLハッカソン2020 発表会(Webでの発表に変更してイベント終了)

エントリー作品と投票結果については、こちらからご覧いただけます。

●最優秀賞
・チーム名:ときコボ実行委員会(野嵜組)
・作品名「ときめきコボリアル ~この思いは届くのか?ドキドキ告白ターイム!~」
●AWS賞
・チーム名:こんな時だから、いつも笑顔で(仮)
・作品名「こんな時だから、いつも笑顔で」

コンソーシアムニュース

2020/3/30
2020/3/18
2020/3/3
  • COBOLハッカソン2020は新型コロナウィルスの状況が深刻化していることより、3/7(土)実施予定のDay2は会場イベントを実施しないと判断致しました。
    ただし、COBOLハッカソン2020のイベント自体は継続する方針とし、詳細は別途ご案内致します。
2020/2/19
2020/1/17
2019/6/17
2019/3/28
2019/2/25
2019/2/12
2018/12/17
2018/5/22
2018/3/15
2017/6/1
2017/3/24