お問い合わせ

ホーム > セミナー資料 > COBOLコンソーシアムセミナー 〜ITモダナイゼーションSummit 2019において開催〜

COBOLコンソーシアムセミナー
〜ITモダナイゼーションSummit 2019において開催〜

日時 2019年4月26日(金)12:55〜16:20
会場 東京コンファレンスセンター・品川
(東京都港区港南 1-9-36 アレア品川5F)
主催 日経 xTECH
協力団体 COBOLコンソーシアム
協賛 アクセンチュア、日立製作所、日立製作所/ヴイエムウェア、コベルコシステム、マイクロフォーカス、日本ティーマックスソフト、ソフトロード、システムズ、東京システムハウス、ほか(ABC順)

セミナーレポート

会場風景

COBOLは、業務アプリケーション用の主要言語として、オープン系システムからメインフレームまで、現在でも幅広く使われています。COBOLコンソーシアムは、COBOLのこうした状況を正しく理解していただくために2000年に発足しました。発足以来、COBOLセミナーを継続的に開催して、COBOLユーザにとって有用な情報を発信してきました。今年も、COBOLユーザでない方も多く集まる『ITモダナイゼーションSummit』の中で、COBOLセミナーを実施しました。普段はCOBOLに触れる機会の少ない皆さんにも、広くCOBOLを知っていただけたのではないかと思います。

各社の講演内容については、下記のプログラムを参照ください。また、レビュー記事については、日経BP社の「日経xTECH Special」にてご覧頂けます。

当日は多くの方々にご参加いただきました。御礼申し上げます。

プログラム

●特別講演

レガシー活用の正攻法〜「2025年の崖」に挑む

日経 xTECH/日経SYSTEMS 記者
森山 徹 氏

>> 発表資料(PDF:2.2MB)

●ソリューション講演

COBOL活用の最新事例のご紹介

東京システムハウス
比毛 寛之 氏

>> 発表資料(PDF:3.8MB)

●ソリューション講演

レガシーシステムのデジタルトランスフォーメーションは
リホストによるデータのオープン化から!!

日本ティーマックスソフト
羅 鍾弼 氏

>> 発表資料(PDF:4.7MB)

●ソリューション講演

DX推進、レガシー脱却に向けた現状分析・刷新計画の具体策

システムズ
山田 浩行 氏

●ソリューション講演

COBOLと共に歩む基幹システムのモダナイゼーションとその未来

日立製作所 五百木 伸洋 氏
日本ユニシス 松枝 大輔 氏

>> 日立製作所 発表資料(PDF:637KB)
>> 日本ユニシス 発表資料(PDF:1.6MB)

アンケート結果

当日回答をいただいたアンケートから、COBOL、そしてCOBOLセミナーに対する高い期待を、改めて確認することができました。次回セミナーの企画も進めております。内容と開催日が決定しましたら、お知らせします。

Q.今回のセミナー全体に関して、以下のものから当てはまるものを一つだけ選んでください。

Q.今後のCOBOLコンソーシアムの活動に期待することについて、ご意見をお聞かせください。